オリンパスE-P1で撮るフォトブログ とりあえずAモード

ツイッター

新しい記事へ

--年--月-- 日--曜日スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ Twitterボタン

スポンサー広告 | コメント:-

2011年05月13 日金曜日初めての一眼 オリンパスPEN E-P1

側近「王様、ここはひとつ強引にでもPEN仲間を増やすべく誘導を…」王様「ガハハ、おぬしも悪よのう
東京ディズニーシー
[ OLYMPUS PEN E-P1:162mm , 1/125s , F/5.3 , ISO 400 , アートフィルタートイカメラ ]

僕が初めて一眼を手にしたのは、今から1年8ヶ月ほど前の事でした。
当時は、今のようにいわゆる「ミラーレス」の一眼がほとんど発売されてなく、
選ぶならPENの一択状態でした。
なので、実際に買う時も特に迷ってりする事は無く……
というのは嘘でしてw 実は結構迷いに迷ったんですよ。

なので今日は、これから一眼を始めたいけどカメラ選びに迷っているというアナタに!
ちょっと背中を押せるようなユーザーとしてのアドバイスを、簡単に贈ろうと思います。
頭の片隅に置く程度で、基本は聞き流してもらっても構いませんw



一眼を始めたいと思う動機はそれこそ十人十色。
どこかのブログに感化されたとか、あのボケ具合が良いんだよなーとか、
カメラ持ってるっていうスタイルがかっこ良い! とかとか。
僕の場合は……正直なところよく覚えていませんが、やっぱりボケる写真を
撮りたかったんだと思います。何となくですが……w

そこで最初に悩むのが「一眼レフ」か「ミラーレス一眼」かの選択。
つまりはNikonやCanonといった本格デジタル一眼を購入するか、
流行りの小さな一眼(当時はE-P1が主流)を購入するかというところ。

購入前は先輩方に色々とアドバイスをいただきました。
一眼レフの方が画質がキレイとか、PENは見た目が良いとか色々。
しかし実際のところ、そう言われてもピンと来ないんですよね。
画質……まあ確かにキレイかも。見た目……は確かに良いかも、とかね。
当時の僕ももちろん悩みました。

ではさっそくアドバイスその1。
「一眼レフ」か「ミラーレス」で悩んでる人は、主な交通手段を基準にしよう!

です。

免許も車も持っていて、出かける時は大半車!
と言う方には一眼レフ、そうではなく電車を乗り継ぐ方が多い方にはミラーレスを、
僕はオススメします。
何でかと言うと、ただ単に軽いからです。でもこれが結構重要。

画質や見た目は、長期的かつ緊急的な悩みにはなりにくいと僕が考えています。
見た目は持っていればそのうち見慣れてくるし、画質だって最初は気になりません。
早くても最初の1年間は、画質の良し悪しが気になる事はないでしょう。
だってミラーレスだってキレイですし。
違いがわかるようになってくるのは、まだまだ先の話になるでしょうね。

それに引き換え、重さは常につきまといます。
せっかくの「撮ろう」という前向きな気持ちも、「荷物になるしなぁ……」という
ネガティブな感情に折られてしまっては、元も子もありませんからね。


さて、では「ミラーレス一眼」を選んだと仮定して、話を進めましょう。
次に悩むのは当然「どのミラーレスにしよう?」というところ。

ちなみに現在主流となっているミラーレス一眼と言えば……

・パナソニックのLumix DMC-GH1
・オリンパスのPENシリーズ
・SONYのNEXシリーズ


くらいでしょうか。ここも悩みどころですね。
それぞれざっくりと特徴を書き出すと……

・LUMIX→くるりと回転するライブビュー(液晶画面)
・PEN→操作性◎と種類の多い純正レンズ
・NEX→一眼レフと同じサイズの撮像素子


とまあホントにざっくりしていますが、選ぶ基準としては良いところでしょうか。
それぞれ大きなメリットだと思います。

LUMIXのライブビューは、背の高い視点や地面すれすれの視点で撮る場合、
ライブビューをくるっとするだけで、どんな角度でも楽々撮影できちゃいます。

PENの操作性は普段良く設定を変更するものが、少ない手順でいじれるようになっています。
他のカメラを触らせてもらうと、よくわかります。
手を伸ばした先にテレビのリモコンがある感じでしょうか(?)
純正レンズに関しては積極的に開発を進めている感じを受けますし、
今後も色々なレンズが発表されそうです。
ちなみに画質はPENもLUMIXも大差ないと思って構いません。

最後にNEX。これだけ上記2つとは少し違います。
まず先ほども書きましたが、一眼レフと同じサイズの撮像素子を使っています。
何を言っているのかわからないと思いますが、僕も何を言っているのかわかりません。
最初の2つのカメラと比べて「画質が良い」という認識で間違いは無いでしょう。
背景のボケ具合も、群を抜いてキレイに写ると思います。

そして違う点の2つ目は、レンズの規格です。
実は上記2つのLUMIXとPENは同じレンズの規格を採用しているので、
同じレンズが使えるのですが、NEXはSONY独自のレンズ規格を採用しているので、
他との共有ができません。SONYは本当に独自仕様が好きなんだなあ、と思う瞬間でもあります。

※LUMIX・PENはマイクロフォーサーズ規格、NEXはEマウントシステムと呼ばれています。

レンズの規格、すなわち「拡張性」と言い換える事ができると思いますが、
現時点でそこに若干の不安を抱えるNEXよりは、LUMIXやPENを検討してみた方が良いかもしれません。
遠くを撮る望遠レンズや、視界と同じ画角で撮れる広角レンズ、ポートレートに最適な単焦点レンズなどなど。
そもそも拡張性が必要ないのなら、一眼を購入する意味も無くなりそうですし。
今のコンパクトデジカメはよく出来てるので、とてもキレイですよね。

となるともうLUMIXかPENとなるわけです。
どちらもメリットとして挙げた部分に大変魅力があるため、とても迷ってしまいます。
しかし、1つ選択の指針を示すとするなら、やはり純正レンズが挙げられると思います。

元々ミラーレス一眼の大きな売りは「小さくて軽い一眼」です。
この「小さくて軽い」は、カメラ本体はもちろんですが、レンズにも大きく関わるコンセプトなんです。
なのでここ1~2年で発表されているマイクロフォーサーズ用のレンズは、どれも大変軽くかつ
小さいものが多くなっています。
さらに、先ほどPENのメリットとして書きましたが、オリンパスの純正レンズがとても多く
発表されているんです。つまりは、PENに似合うレンズが多いと言えるでしょう。

せっかくマイクロフォーサーズ規格を選ぶのでしたら、
小さくて軽いレンズの方が移動も楽だし、使う時の負担も少ない、
さらには選べる種類も多いオリンパス純正レンズを選びたいですよね。

となると選ぶべき選択肢は、オリンp……





っと、かなり個人的な主観でだらだら書いてしまいましたので、
それぞれ思うところはあると思いますw
ここで書いた事はあくまで僕の主観による参考程度のアドバイスと
考えてもらい、これから一眼を持ってみようかなと思っている方にとって、
ほんの少しでも「役に立った」と思ってもらえれば、幸いです。

人それぞれのライフスタイルも違いますので、
コレが良いよ! コレはダメだよ! と断言はもちろんできませんが、
これから一眼を持ち始める全ての方に、ステキなカメラライフが訪れる事を、
心から祈っております。

ではでは!


スポンサーサイト
にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ Twitterボタン

何気ない | コメント:4

コメントの投稿

お名前

ブログ/ホームページURL 編集用パスワード

コメントありがとうございます! 全てに返信させていただきます。それまでしばしお待ちを!


2011年05月18 日ブログ・ホームページ編集

私は友達に勧めてもらってPENにしましたぁー。
彼氏がKISSを、友達がPENを持っている状態で。
彼に「そんなにデジカメで写真いっぱい撮るならいいカメラ買えばいいのに」って言われたのがきっかけで。
でも一眼レフ、やっぱり重いんです…。
友達に聞いたらPENをゴリ押ししてくれて。
そのコが持ち歩いてるのもずっと見てたし、そのPENで撮った写真も見せてもらって決めました。
(ジオラマモードが気に入ってEPL1にしました)
今ではすっかりPENの虜。
本当にPENにしてよかったと思ってますw
おっしゃる通り軽さがまずイイ。
お出かけの時にはかなりの頻度でカバンの中に忍ばせております。
女子にはミラーレスの方が有難いですーw

カタオカ
2011年05月20 日ブログ・ホームページ編集

彼氏さんの助言は確かにごもっともですね。
コンテジも画質なんかはキレイだけど、やっぱり一眼とは違う!
撮り方のバリエーションが全然多いですからねー。
レンズを変えようものなら、もうまったく別世界ですしねw

PENのジオラマモード良いですよね!
ってEP1の僕が言うのもあれですが、身近なPL1ユーザーの写真を
見せてもらうたびに、羨ましい気持ちになりますw
アートフィルターはあまり使わないのですが、
ジオラマはアップデートで入れてくれないかと、未だに期待してますw

しかし気がつけばミラーレス一眼もたくさん出てきましたね。
いつかはボディーを買い換える日が来ると思いますが、
その時はまたマイクロフォーサーズを選ぶ気がしますw
PENも新機種でないかなあ。

りんむじんづ
2011年05月21 日ブログ・ホームページ編集

ワタシも同じような経緯でPEN Liteに落ち着きました。
キレイな写真を撮りたいけど重いのはイヤ、小難しいことはわかんなーいって層を見事に狙って成功したカメラだと思います。

カタオカ
2011年05月23 日ブログ・ホームページ編集

ホントまったくその通りですよね。
一時はどこも品切れになるほど人気が出たのも、
「手軽にオシャレに」始めてみたいっていう人たちの心に、
うまく刺激を与えられたからだと思います。

PENを入り口にして、2機目を一眼レフにする人も
少なくないみたいですし、カメラ業界全体に良い効果が
あったと考えられますよね。

新しい記事へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。